5年、10年、さらにその先まで企業は存続し続ける必要があります。なぜならば、企業が経営破綻すると、顧客や従業員、取引先等の存続も危うくなるからです。

 自社の現状や未来に不安を抱いている経営者の皆様、最悪の事態に陥る前に、当事務所にご相談ください。必ずやお力になれると信じております。

電話:050-3740-3260
メール:info@support-tsukuru.jp
経営コンサルティング事務所 サポートツクル
Management Consultant Office S-T

代表者の想い

 大阪府立大学経済学部を卒業後、繊維系の中堅商社に入社しました。「世界を駆け巡って商売をしたい」という想いを秘めておりましたが、なぜか配属されたのはアパレルの営業部門。世界ではなく、日本国中のブティックや百貨店等を駆け巡る仕事をするはめに。

 入社早々のこと、アポイントメントなしで取引先の洋品店を訪問したら、お店はもぬけの殻、街金関係と思われる方々が店の前にいっぱい群がっていました。結局為す術もなく、社長は行方不明のままでした。

 入社3年目のこと、
東京都内のブティックと縫製工場を営むA社、売上債権の回収が遅れがちでした。社長との話し合いの結果、再建のために全面協力することになりました。社長は昼夜懸命に働き、奥さんもパートに出て、「何とか再建を」とがんばっていらっしゃいました。しかし、その数カ月後、突然社長と連絡が取れなくなり、その後も行方不明のままでした。

 入社5年目のこと、担当していた取引先百貨店が民事再生法を申請、売上債権が回収できない事態に陥りました。民事再生法申請の噂は出ていましたので、保全策はとっていましたが、それでも億単位の売上債権を回収することができませんでした。そして民事再生企業の実態、経営者と従業員の現実に接しました。
 
 夜逃げした社長、残された従業員、民事再生に至った経営責任のあり方、ビジネスの世界の厳しさを肌で感じてきました。ただこのとき思ったのは「最悪の事態に陥る前に何とかできなかったのか?」ということです。この疑問を解決するために「経営の勉強が必要だ」と考えました。そこでサラリーマンをしながら猛勉強を重ね、経営コンサルタント国家資格である中小企業診断士資格を取得しました。そして「中小企業・小規模事業者の手助けがしたい」という想いを抑えきれず、会社を飛び出し、経営コンサルタントとして独立しました。

 外部環境の変化に柔軟に対応し、5年、10年、さらにその先まで存続し続けることのできる企業づくりをサポートします。


経営コンサルタント
(中小企業診断士)
 長 元 耕 司

ブログ更新情報

ページの先頭に戻る