経営者のための身近な経営相談室
 経営コンサルティング事務所 サポートツクル

経営者のための身近な経営相談室
 経営コンサルティング事務所 サポートツクル

 従業員と顧客、取引先、地域社会、金融機関、株主の笑顔のために、経営者は孤独と向き合いながら、外部環境の変化にも負けず、真摯に奮闘していらっしゃると思います。
 
 当事務所は、孤独と向き合う経営者の『拠り所』として、真摯に奮闘する経営者を全力でご支援いたします。

代表ご挨拶

 大阪府立大学経済学部を卒業後、「世界を駆け巡って商売をしたい!」という想いを抱き、商社に入社しました。しかし、配属されたのはアパレル事業部門。世界ではなく、日本全国のブティックや百貨店を駆け巡ることになりました。

 入社早々のこと、取引先であるA洋品店を訪問したら、お店はもぬけの殻。多くの街金業者が店の前に。為す術なく、社長は行方不明のままでした。
 
 入社3年目のこと、
東京都内のブティックと縫製工場を営むB社、売上債権の回収が遅れがちでした。社長と協議の結果、再建に向けて全面協力することに。社長は昼夜懸命に働き、奥さんもパートに出て、がんばっていらっしゃいましたが、その数カ月後、突然社長と連絡が取れなくなり、その後も行方不明のままでした。当時は「裏切られた…」という思いが強かったですが、何とか踏ん張ろうとなさっていた社長の想いは本物だったと思います。「今頃どうされているのだろう」とふと思い出します。
 
 入社5年目のこと、担当していたC百貨店が民事再生法を申請、億単位の売上債権を回収することができませんでした。同族会社ではありませんでしたので、「経営責任」はどこにあるのか?という点で、経営者と従業員のリアルに接しました。

 
 夜逃げした社長、残された従業員、倒産の経営責任。ビジネスの厳しさを肌で感じてきましたが、このとき思ったのは「最悪の事態に陥る前に何とかできなかったのか?」ということです。この疑問を解決するために「経営の勉強が必要だ」と考えました。そこでサラリーマンをしながら猛勉強を重ね、経営コンサルタント国家資格である中小企業診断士資格を取得しました。そして「中小企業を助けたい」という想いから、長年お世話になった会社を退職、経営コンサルタントとして独立しました。


 今世界は、民主主義の存在価値が問われ、格差社会が広がり、地球温暖化が進行し、ウイルスの脅威にさらされ、企業を取り巻く環境は大きく変化しています。経営者は孤独と向き合いながら、外部環境に果敢に挑戦していらっしゃいます。
 
 孤独に向き合う経営者を助け、ピンチをチャンスに変えるビジネスモデル構築をご支援し、経営者と従業員、顧客、取引先、地域社会、金融機関、株主の笑顔をつくるお手伝いをすることが私のミッションです。

経営コンサルタント
(中小企業診断士)
長元 耕司

お問い合わせ

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。









PAGE TOP